「財務会計」「管理会計」「税務会計」の違いと目的、会計には種類がある!

財務会計、管理会計、税務会計、違い

書店では「誰でも分かる財務諸表」とか「社長のための会計知識」みたいな会計本はビジネス書コーナーに山のように積まれてます。また、会社経営をすると否応でも会計数字が出てきます。経営者にニーズが有るのは当然なのですが、全体感の大前提をすっ飛ばして枝葉の各論に行きがちなのも、非常に良くある現実です。公認会計士や税理士などの士業の人と話しても同様です。この辺りが、微妙に話が噛み合わない時の原因になることが多いものです。

目次

経理や会計の目的

中国語で社長のことを「総経理」と言います。

表意文字の本家だけあって本質的な意味を端的に表していて、「組織全体の横断的な管理を行う」が経理の目的です。会社を管理する為に「現状把握し将来を見通す」ことが必要ですから、その為の技術・手法・ルールとして会計があります。

3種類の会計

音楽にクラッシクとかJ-POPとかJAZZとかの種類があるように、会計にも種類があります。五線紙の楽譜が音楽の記述ルールとすれば、会計では簿記が楽譜に相当します。

財務会計

単に会計と言った場合は財務会計を指します。制度会計と言う場合も意味は全く同じです。銀行に出す貸借対照表とか損益計算書とか上場企業の開示データとかで、会社の状態を表現する統一ルールです。国際会計基準とか米国会計基準とかも財務会計の話で、公認会計士の分野です。

税務会計

法人税の納税等で税務署に出す数字で、「税務会計」の利益と「財務会計」の利益は異なります。納税の為のルールで税法で規定されます。財務会計との差が徐々に拡大していく傾向にあり、税理士の分野です。

管理会計

経営管理の為の会計手法で、会社ごとに最適な手法が異なります。予実績管理や部門別損益管理などは管理会計です。大企業のサラリーマン出身の方は、財務会計と混同しているケースが非常に多いので注意が必要です。経理を税理士に丸投げしているゆえ「現状把握し将来を見通す」数字が無い中小企業も非常に多いのが現実です。

まとめ

どれも、データ入力の入口段階は簿記です。入力したデータを集計して利用する手法と目的の違いで、財務会計とか税務会計とか管理会計とかに見せ方が分かれるだけです。

ただ、ネイルサロンのような、設備投資や仕入れの影響が少ないキャッシュ商売の場合、財務会計とか管理会計とか意識する必要は薄いでしょう。結果としてほとんど同じような感じになるので、1本で行うのが適切です。装置産業の側面が強い場合や会社規模や負債規模が大きくなるほど、管理会計のウエートが上がってきます。管理会計に定石はあるものの、業界や会社ごとに「すべき事」が異なるのが厄介です。

松濤bizパートナーズには、実績豊富なスタッフが在籍しております。「将来を見通す経営管理」に行き詰まっていましたら、お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次